納得できる通信制高校を選ぶための重要ポイント

通信制高校に入学できない場合があるって本当?

通信制高校は、毎日学校に通学する全日制高校とは違って単位制を導入していることがほとんどです。郵送やインターネットで課題を提出しテストを受けて単位を取得していき、スクーリングを受講することになります。卒業に必要な単位を取得することで高卒資格が得られますので自分のペースで学習できることから、反面全日制高校と比べて卒業するのが難しいことがあります。また卒業後の進路が決まらない人も約3割ほどいると言われますので、通信制高校を選択する時には高卒資格取得ということだけではなく注意しなくてはいけないポイントがあるのです。
まず通信制高校には「広域通信制高校」と「狭域通信制高校」の2種類が存在してます。私立高校には狭域と広域の両方があり、広域であれば3つ以上の別々の都道府県から入学することができます。しかし公立高校は全て狭域で、高校がある県とその県に隣接する1つの県の在住者しか入学することができません。

学費だけではなくカリキュラムの違いをチェック!

通信制高校の中には、不登校の生徒に対してしっかり対応している高校とそれほどではない高校があります。もし学校生活に対する不安を感じている場合には、サポート環境が充実している学校を選ぶことがお勧めです。また気になる学費ですが、公立と私立を比較するとやはり公立の学費はかなり安いと言えます。しかし私立の通信制高校では、公立よりもスクーリングの頻度が多かったり美容やスポーツといった専門科目の選択が多様だったりします。それに関連して私立の通信制高校では資格取得のために専門講師が在籍している場合もありますので、学費のみを見て公立を選択する前にその学校にはどういったカリキュラムがあるかを調べることが必要でしょう。公立の場合はコースは選択の幅が狭くなり専門分野の学習や進学のための受験勉強にも自分で取り組むことになりますので、学習のサポート面や学校別の卒業生の進路等をチェックすることも忘れてはいけません。